> HOME

新着情報

2017.5.9 2017年4月22日開催の第34回労供労組協総会議案書を掲載しました。
2017.2.13 政策研究「社会労働保険適用事業所となった場合のメリット・デメリットに関する事例報告」の取りまとめに関する検討
2017.1.13 事例研究 全建総連埼玉土建の労供事業について
2016.12.21 政策研究「社会労働保険適用事業所となった場合のメリット・デメリットに関する事例報告」
 −第4回 全日建運輸−
2016.11.25 政策研究「社会労働保険適用事業所となった場合のメリット・デメリットに関する事例報告」
 −第3回 全港湾−
2016.11.9 ・政策研究「社会労働保険適用事業所となった場合のメリット・デメリットに関する事例報告」
 −第2回 新運転東京地本−
問題提起「労組労供における『二重の雇用関係』について
報告者:労供労組協前議長 伊藤彰信氏
2016.10.5 ・政策研究「社会労働保険適用事業所となった場合のメリット・デメリットに関する事例報告」
 −第1回 コンピュータユニオン−
本久委員の研究報告「労働者派遣法の原理的考察」
2016.8.22 2016年度の研究会方針の検討
2016.5.19 2016年4月22日開催の第33回労供労組協総会議案書を掲載しました。
2015.4.20 2015年4月16日開催の第32回労供労組協総会議案書を掲載しました。
2015.4.16 労供労組協の役員体制が変更になりました。
2014.11.28 橋元座長が労供労組協結成30周年記念講演「非正規労働問題における労供事業の意義と役割」を行いました。
2014.4.17 第31回労供労組協総会で本田事務局長が労供組合員意識調査中間報告を行いました。
2013.10.20 労供労組協秋の学習会で橋元座長が講演を行いました。
2013.03.21  2013年3月6日開催の第30回労供労組協総会議案書を掲載しました。
2012.03.12  経済学部と共催で「労供研究会シンポジウム」を開催しました。

座長ごあいさつ

風景  環境条件が激変する中で、日本経済の構造は大きく変化し、非正規労働者が雇用労働者の1/3を占めるようになるなど、雇用のあり方や労働市場の状況も大きく変わってきた。こうした事態が進行した結果、外部労働市場の機能は、内部労働市場の…

研究会の活動紹介

「國學院大學労供研究会」の前身は、労供労組役員、役員OB、研究者等各方面の有志が参集した「労供準備的研究会(2008年9月から2009年7月まで計7回開催)」です。「準備的研究会」では、主に、労供制度の歩みを再確認するとともに、日雇雇用や労働者派遣制度の実態や問題点を検討し、これからの労供のあり方について意見交換を行ってきました。
國學院大學の研究予算が確定したことを受け、「準備的研究会」での議論を踏まえて…